介護現場で起こりがちな、介護ストレスについて考える。様々な制度改正や、人員不足・介護報酬の低さ・離職率の高さ・・・・・でも、現状を嘆いているだけでは、なにも変わりませんよ!とりあえず、今日も笑っとけ!
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
保険者のあるべき姿 〜その異動アリかよ?〜
JUGEMテーマ:介護


自治体によっての差があるのかどうか
どこに行っても大差ないのかどうか
その辺りは不明である。
福祉に対する姿勢や力の入れ方に違いはあるだろう。
また、財源確保の状況や、高齢化率、自治体としての規模・・・・・
さまざまな要因があって
私たちが思うような体制を組むことが困難な場合もあることも分かる。

・・・・・・が、保険者として勤める者としてのあり方に疑問を感じることもある。

地域の要望や、生活困難な実態など
くみ上げる力を持って欲しいと思うし
ケースバイケースで、必要性や緊急性の高いものなど
迅速な対応や、保険者としてリーダーシップをとって欲しい事もある。
なにより、包括や介護事業者に丸投げな姿勢には呆れるかえるし
窓口に来た地域住民に対し、
「あんな横柄な態度では、窓口も対応していられない。」
などと、平気で言うなんて、どうかしている。
横柄なのはどっちだ?
窓口に直接来る方というのは
それだけ切羽詰っていたり、自分達だけではどうにもならない現状に気忙しかったり
穏やかな状態ではない事の方が多い事と思う。
そんな中、多少態度や語調が強くなるのは
なんとかしてもらいたい・・・・・そんな気持ちが強いからだと思う。
それ位、汲み取れないのか・・・・・・

そんな保険者の中でも
真摯な対応をしてくれる方もいる。
私たち、介護事業者だけではなく
地域住民などからも、
「役所であんなに親切な対応をしてもらったのは初めてだ。」
そんな声が上がるほど、一生懸命な人もいる。

おそらく、保険者にはその内部で
自治体としてここまでしか出来ない事とか、
様々な縛りの中で、本来あるべき姿とかけ離れた指示が出されている事もあるのだろう。

それでも、こちらの質問に言葉を濁さずに答えてくれたり
こちらの思いを汲み取って応えてくださったり
それを更に、トップに伝えようとしてくれたり

そんな姿を見ていると
致しかたがない事もある事を、こちらも汲み取る事ができたりもする。

でも、そんな頼りにしていたい人は
異動になってしまう。

何故、一生懸命すぎると異動になるのか
そんなトップの対応が横行しているのであれば
良くしようと思っても、自らの立場を懸念して
ある程度の立ち振る舞いしかしなくなる職員もいるだろう。

そんなのは、絶対におかしいと思う。

ただでさえ、PM5:00頃に伺うと
窓口に誰も出てこようとしない。
「っつーか、4:55で業務終了ですか?」
と、大きな声で言ってみたこともある位、対応が悪い。

「どんどん、要望は言ってください。」
「必要な時は急ぎで出来ますから声を掛けてください。」

そんな風に対応してくれる人は
4月からいない。
あの背中をみて、引き継ぐ職員がいるのかどうか?
何故、当然の対応をとる事が出来る人材がとばされるのか・・・・・?

保険者の体質には疑問を感じるし
正直、腹立たしい。


ランキング参加してます 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 



23:56 保険者 comments(0)
1/1PAGES

管理者ページ