介護現場で起こりがちな、介護ストレスについて考える。様々な制度改正や、人員不足・介護報酬の低さ・離職率の高さ・・・・・でも、現状を嘆いているだけでは、なにも変わりませんよ!とりあえず、今日も笑っとけ!
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
利用者本位と職員負担軽減
JUGEMテーマ:介護




出来る限り職員に負担を掛けない様にと考えると
時間内の勤務・休日の確保・・・・・など、考える。
なるべく、残業やら、正規の勤務ではない出勤などはないようにと思っている。

ただ、どうしても人が相手の仕事であるが故に
休日に呼び出しがかかる事もあれば
出勤日以外に業務調整をしなくてはならない事がある。
こちらで何とか処理をしようと思っても
やっぱり担当者に聞かなくては分からない事もあり
どうしても動いてもらわなければならないこともある。

例えば、独居だったり、必要時に動かない家族だったり

やっぱり、職員には負担が掛かっているなぁ
そう思うことが多い。

申し訳ない
そんな事を言ってみるが
「この人は、対応しなくちゃなんないから、大丈夫。」
そんな風に、答えてくれる。

有難いと思う反面、
この負担は軽減出来ないものか・・・・・と、心底、思う。

実際、我が家では
休日に連絡が来る事を非常に嫌がる。
昔、訪問看護でしょっちゅう緊急出動があったせいか
アレルギー的な反応をされる。

利用者本位を全うするには
職員のいろんなものが犠牲になる。
個人の時間であり、家族との団欒であり、休息であり、睡眠であり

これは、どこまで行っても改善不可能な事なのか。

誰かを守ると、誰かが辛くなる。


この仕事は、そういう仕事から変われないのだろうか?




ランキング参加してます 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

00:23 社内 comments(0)
スポンサーサイト
00:23 - -
comment

message :